contents2タイトル
音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート ホームへもどる
音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート メール送信
音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Inquiry 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Sales promotion 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Web construction 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Music promotion 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Link 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Guide on site

   
私は2000年夏に人前式の司会を務めました。これまでの経験をもとに作成した例が皆様の参考になればと思います。
披露宴でのスピーチ・親族代表の挨拶・媒酌人の挨拶です。どうぞご活用ください。
上司・同僚・恩師のスピーチ

同僚男性

 本日はおめでとうございます。
太郎くんと同じ会社の×
×と申します。 ○○くんとは同期で現在も机を並べて働いている縁で、上司・先輩がずらりと見守る中、たいへん緊張しますが、ぜひともお祝いを言わせてください。
実は先ほどの挙式に感動して、思わずウルッときてしまいました! 新婦の
◎◎さんのことが気になっていると○○くんから最初に聞いたのは、入社してすぐだったと思います。◎◎さんも少し年下の同期で、素敵な女性だと私も思っていました。真面 目で不器用な○○くんがうまく気持ちを伝えられるかと心配していたのですが、彼はどうやら夏の部内サークル合宿で自分の気持ちを伝えて、みごと◎◎さんのOKをもらったようです。 それから三年、誠実に愛を育くんできた日々を嫉妬半分で見てきましたから、今日の感激もひとしおです。 今年からは責任ある新プロジェクトのリーダーになってがんばる○○くんの姿は、同期にも良い刺激を与えています。◎◎さん、こんな○○くの胸に安心して飛び込んでください! 部長!(部長の席をチラリ)新婚の1ヶ月くらいは○○くんの残業を免除してやってください。それを同期からのプレゼントにしようと思います。
本日は誠に、おめでとうございました。

 

新婦上司挨拶

ただ今、丁寧にご紹介預かりました。××と申します。 僭越ではございすが、ご指名をいただきまして、列席者の皆様を代表して、一言を祝いの言葉を申し上げます。
  新郎新婦のお二人媒酌人ご夫婦、ご両親方もお席にお座り下さいませ。 新婦の◎◎さんは、皆さんご存じの通 り、私共のおります、△△会社に入社されましたのは、いまから、3年前。職場では人一倍努力家の有能な社員でございまが、今日の新婦は普段職場では、見せない幸せそうな笑顔で、私自身が花嫁の父になったような気がいたします。
 勿論私が心配する必要はありませんが、結婚とは決して人生のゴールではございません。本日お二人は、新しいスタートについたと、考えられたほうがよろしいでしょう。これから先二人で一緒に困難を乗り越え、より深い絆で結ばれていくでしょう。
  本日ご列席の皆様、どうぞ二人にお力添え下さいますよう私からも深くお願い申し上げます。これをもちまして、簡単ですが、お二人の門出のはなむけとさせて頂きます。本日は誠に、おめでとうございます。

     

恩師(女性)より

 ◎◎さん、○○くん、おめでとうごさいます。◎◎さん、本当に幸せそうで、とっても美しい花嫁姿ですね。○○家・◎◎家 ご両家のみなさま おめでとうございます。ご両親のお喜びもひとしおのことと存じます。
 私は△△高校で◎◎さんの担任をしておりました。◎◎さんと言えば、学園祭のはっぴを身にまとい、長くてスマートな足で学校中を走り回っていた姿を、今でもはっきりと覚えています。
 ふたりがいかに優れた人物であるかということは、この場のみなさんが十分ご存じのことと思いますが、◎◎さんは、生徒会の総務として、数十万円の大金をきちんと管理し、学園祭前には睡眠時間を削って平気で一週間過ごすほどのパワフルな高校生でした。卒業してからも同窓会の幹事を引き受けてくれたり、フットワークの良さは、折り紙付きです。こどもが大好きで、私の娘が生まれた時も、愛しそうに抱いていた姿が印象に残っています。心優しく気配りもできて、これも幼いころからご両親がしっかりと躾けていらっしゃった賜と存じます。
 ◎◎さんたちは、私が教員になって間もない頃に担任をした学年で、◎◎さんの卒業と時を同じくして私が結婚したので、新婚家庭をひやかしに、みんながよく遊びにきてくれました。私にとっても、年下の友達のような感じで、我が家の生活ぶりをずっと見てもらっています。ですからきっと私はいい反面 教師になれるのではと思います。今までの観察内容をよく分析して、我が家などよりもずっと素敵で幸せな家庭を築いてください。
 ところで、卒業文集をめくったら、なんと、◎◎さんのページには、理想の男性像が書かれていました。「空気みたいで、いても気にならないけど、いないと苦しいような人。性格が6割で顔が3割、残りの1割は私が埋めてあげられるような人」と書いてあります。高校生にしてはなんと大人びたお言葉でしょうか。その理想をさがし求めて、見つかったのが○○くんだったのでしょうね。
 これからお二人は、同じ未来を思い描きながら、自分とは全く違うようでいて、実は性格まで似てくるようなもう一人の自分と人生を歩まれるのですね。
 ◎◎さんは卒業文集に、「18歳、△△高校に来て、自由に生き、大好きな人たちに会えた」と書きました。その素晴らしい時代を共有できたお二人がこうして結ばれたのです。いくつになっても、輝いていた若き日のことを語り合い、あの熱い気持ちを思い出せる、そんな二人でいられたら素晴らしいと思います。お二人のご多幸をお祈りして、お祝いの言葉とさせていただきます。おめでとうございました。

 

新郎上司挨拶

 只今、御紹介をいただきました××でございます。 私に一言のべよとのことですが、私などより先輩の方々や適任の方が、大勢いらっしゃる中、誠に僭越とは存じますが、せっかくの御指名でございますので、一言御挨拶申し上げます。 本日は新郎新婦おめでとうございます。(どうぞお席にお着き下さい)  
  ○○家、◎◎家、並びに御両家の御親族の皆様方、本日は誠におめでとうございます。 新郎新婦はもとより、御両家の御両親のお喜びはいかばかりかと、御推量 申しておりました。こうして高い席からご挨拶を申し上げられるという事は、私にとってもこの上ない喜びであります。
  さて、新郎の○○君が私どもの会社に入社されてもう5年になります。月日が立つのは早いものでございまして、高校を卒業したばかりのはつらつとした青年が、この5年間の間に本当に頼もしい存在になってくれました。 今では私にとっても無くてはならない片腕となっています。
 ご覧のように彼は誠実で責任感にあふれた好青年で、上司や同僚からも信頼されておられます。私といたしましても、彼のこれからの活躍に大いに期待するところでございます。 新郎新婦はこれから、新しい家庭をお作りになり、未知の可能性にいどまれるお二人にははなはだ僭越ではございますが、どうかはなむけの言葉としてお聞き頂ければ幸いに存じます。
  新婚とは華やかなものであり、新婚生活は楽しいものでもありますが、長い夫婦の生活となると地道な苦労がどうしても伴ってくるものであります。それを二人で分かち合って、ともども堪えてゆくところに夫婦というものの本当の味わいが生まれてくるものであります。
  楽しいこと、嬉しいことの連続であると思うと間違いでありまして、何か困難なことや、夫婦の呼吸の合わないことも長い人生の内には必ず起こるものであります。 そんな時こそ、お二人で力を合わせて切り抜け、また互いに辛抱して呼吸を合わせるように努力せねばなりません。選ばれたお二人でありますから、相寄り、相助けて立派な新婚生活を営まれ、社会的にも大いにご活躍なられることと私は確信しております。 堅い愛情の絆に結ばれました、お二人のこの上なきお幸せを心からお祝い申し上げるとともに、どうぞいつまでもこの記念すべき日をお忘れにならず、よき新婚生活を一生貫かれますことと、さらには御両家のご繁栄を心から祈り、私のお祝いの言葉とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。

     
親族代表の挨拶

新郎親族

 新郎○○家の親族を代表致しまして一言御挨拶申し上げます。
本日は二人のためにこの様なに多数ご出席賜りまして誠に有り難うございました。 おかげさまで、かくも盛大な宴をもてましたこと心から御礼申し上げます 。
  また、お仲人役をお願い致しました△△様ご夫婦には大変なるご苦労をおかけ致しましたこと、この場をおかり致しまして厚くお礼申し上げます。本日
◎◎さんを花嫁をさんとして迎えることができまして○○家家族また親族一同この上もない喜びと感じております。
  ○○家親族一同があたたかくお迎え致しますので、どうぞご安心くださいませ。二人はまだ若うございます、至らないところが多々有ることと存じますが、どうか今後とも皆々様のご指導とご鞭撻を承れます様、一重にお願いするしだいでございます。 本日ご出席賜りました皆様のご健勝とご多幸をお祈り致しまして御挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。

 

両家代表

 本日は、○○と◎◎さんの披露宴に、ご臨席いただき、誠にありがとうございました。まず、両家を代表して皆様に深くお礼申し上げます。
  そして一人の父親としての想いを、少し話をさていただくことをお許しください。  ○○と
◎◎さんは、私が結婚した年齢より若くして結婚したことになります。今日は、当時の自分の気持ちやそのときの情景が思い出され、時の流れに感慨深いものを感じています。我が息子が、すばらしい◎◎さんと出会い、そして今日こんなに多くの皆様に祝福されながら、新しい門出に発てることを、ほんとうに嬉しく思い、感無量 でございます。
 ビデオでも紹介された「競技」にちなんで言えば、今二人は「予選」から無事「決勝」に進出した、といったことろでしょうか。この「競技」は「持久走」だと言えるかもしれません。今日の、皆様からの温かい祝福を受けて、きっと二人はすばらしい「レース展開」を見せてくれることでしょう。
 多少のコースアウトはかまわない、しかしリタイヤせずにがばってほしい、そう願っています。
  また、二人には「これから一心同体でがんばれ」というべきかもしれませんが、私は、夫婦は「二心二体」で良いと思っています。
 お互いがそれぞれの立場を尊重しあいながら、楽しいときは一緒に楽しみ、つらい時は助け合う。また、ある時は批判しあいながら、いつまでも新鮮で、日々新しい発見ができる、そんな家庭をつくっていってほしい そう願っています。  きっと二人は、皆さんからの励ましをうけて、頑張ってくれるでしょう。  みなさん、本日は本当にありがとうございました。

     

新郎母より

 新郎の母××でございます。 ○○、◎◎両家を代表いたしましてお礼のご挨拶をもうしあげます。
  本日はお忙しいところ○○、◎◎の結婚披露宴にご出席を賜り、誠にありがとうございました。 おかげさまで、二人の結婚の儀も、滞りなく執り行わせていただくことができました。 先程より、新郎新婦に対し、身に余るお褒めのお言葉やご祝辞をいただき誠にありがたく、感激で一杯でございます。 ○○は、15年前に、父親とは、離れております。 幸いにも多くの良き友人、先輩方に出会い、また、○○の祖父母の助けもあり、母親の口から申すのもおこがましいのですが、心優しい子供に育ってくれたように思います。 この席をおかりいたしまして、○○の祖父母にはお礼申し上げ。 「本当にありがとうございました」
  また、このたびは、◎◎さんという可愛らしい伴侶を迎えることができ、親としてこれ以上の喜びはございません。
  まだまだ、若く経験も浅い二人でございます。 皆様のご指導ご助言なくして、一人前の夫婦にはなれないと存じます。 どうか、皆様今後とも二人をよろしくお願いいたします。 最後に両家より皆様方に末永いお付き合いを頂きます様よろしくお願い致します。本日はせっかくお運びいただきましたのに、おもてなしも不行き届きの点がありましたことをお詫び申し上げて、私どものお礼のご挨拶とさせていただきます。 本日は誠にありがとうございました。

 

新郎の父母より

 本日××、◎◎両名の結婚ご披露に際しまして公私ご多用のところ、かくもにぎにぎしくご臨席をたまわり、まことにありがとうございました。
 先刻来、新夫妻両人に対しまして、ご来賓の皆様をはじめ、ご媒酌人、親戚 の皆様には、このように多数ご列席をいただき、その数 々のありがたい祝福と励ましのおことばをいただきまして、二人の者はもちろん、私どもも身に余る光栄 と、厚く御礼申しあげます。
 両名はなにぶん、まだ世間知らずの未熟者同士でございます。新家庭を築いていくこれからの人生行路には、皆さまのご援助とご鞭撻をいただかなくては、とうてい、おぼつかないのでございます。
  まことに勝手なお願いではございますが、どうぞ、今後とも、ご配慮がいただけますようお願い申しあげます。
 実は両名は、婚約以来今日まで一年の期間がございました。あまり長すぎるのではないか、という話が再三でましたが、両名にとっては、本当に長い間の辛抱だっただけに、本日ようやく、めでたい日を迎えることができまして、その感激もひとしおのことと思いますが、この間終始お世話になりましたご媒酌の○○様ご夫妻に、改めて厚くお礼申しあげます。
 ご臨席の皆様には、わざわざお出でいただきましたのに、まったくの粗 酒、粗肴で失礼申し上げました。
 はなはだ簡単ではありますが、これをもってお礼の言葉といたします。ありがとうございました。

 
媒酌人の挨拶

媒酌人挨拶-1

 本日はご多忙中にもかかわらず、皆様にご列席いただきまして、ありがとうございました。ただ今神前において、○○、◎◎ご両家のご婚儀が、おごそかに、かつと滞りなくとり行なわれましたことをご報告申し上げます。
 さて、慣例によりまして、新郎、新婦の略歴をご紹介いたします。
新郎○○君は、○○県のご出身で、○○業の○○さんと奥様の○○さんの三男に生まれ、郷里の高校を卒業後、直ちに△△会社へ就職されました。爾来十年、勤務と並行して社の教育機関で高校、大学課程の教養と技術を、優秀な成績でおさめられた、まことに、まれに見る勤勉力行の好青年でございます。現在営業課の主任補佐として、将来が大いに嘱望されているはもちろん、苦労をつみ上げた人格は、まことに円満、だれにでも好かれる人徳がございます。
 新婦
◎◎さんは◎◎県のご出身で、◎◎さんと奥様の◎◎さんとの次女に生まれ、郷里の商業高校卒業後、△△会社の経理部へ入社されたのでございます。
 お二人は友人として長年交際きれ、その間にあって今日の結婚へ導かれたのは、さきほどちょっとご紹介申しました、桧山君の先輩掛布さんであります。この間のエピソードにつきましては、いずれ後ほどお祝いの中で述べられることと思います。
 以上のような次第で、今日の盛儀を迎えましたことは、たんに桧山、小松のご両家、新郎、新婦のご両人のみならず、われわれもまた、はなはだ喜びとするものでございます。お二人にはこれから新しい人生行路が始まります。それは一家を建設されることであります。
 ○○君は、若き営業マンとして数々の実績を上げてきましたが、自分の家庭にも必ずや、すばらしいアイデアと、そのよき運営が、期待されるにちがいありません。
 しかしながら、一家をかまえるということは自分だけでよくなし得るものではなく、そこには社交上、お付き合いなるものが生まれます。つまり人間関係でございますが、私は人間関係は相手への尊敬と思いやり、そして迷惑をかけない、という点が大切であります。夫婦の間の人間関係にも同じことがいえると思います。
 どうか皆様におかれましても、今後とも末長く、この新夫婦にご支援を賜わりますよう、お願いいたします。
 本日はご多用中のところ、ご光来を頂戴し、ありがとうございました。席次のほか諸事不ゆきとどきの点は、両家になりかわりまして、お許しをいただきたく願い上げます。大したおもてなしもございませんが、どうか、ごゆるりとお過ごし下さいますよう、ひとことごあいさつ申しあげます。

 

人前式の立会人挨拶

 ○○君、◎◎さん、おめでとう。
 ご来場の皆さん、おめでとうございます。それでは、皆さんは親しい方々ばかりですが、新郎新婦を簡単にご紹介させていただきます。
 新郎の○○君は、服部美術専門学校出身の新進グラフィックデザイナーで、ご卒業と同時に○○デパートの宣伝部に入られ、昨年独立してプロダクションを持たれました。ダイナミックな発想に加えて、その温かくぬ れた色感は、そのまま○○君の大きく豊かな人柄をあらわしています。
 新婦の◎◎さんは、大阪薬学大学をご卒業の薬学士さんで、◎◎製薬にご勤務されています。大変明朗なスポーツウーマンで、また音楽がご堪能で、そのCDコレクションは玄人はだしと伺っています。
 お二人の結びつきは趣味の△△会であります。その活動の中でお二人はメンバーとしての交際が始まり、1年足らずのスピード恋愛で本日のよき日を迎えるにいたったのでございます。 まわりの人は、ただあれよあれよというばかりでした。皆さんのなかには、招待状をいただいて眼をこすった方もいるのではないかと思います。
 人生はよく山登りにたとえられますが、私どもはまだ五合目にもたどりつかないありさまで、お二人に対しても「しっかり登りましょう」としか申せません。ご列席の経験も豊かな皆様より、いろいろとはげましと、戒めのおことばをいただきたいと存じます。さらにはまた、ご友人、同僚の皆様からは、お二人への讃辞に加えて、内輪話もいただいて、楽しいご歓談の一時を得たいと存じます。
 どうか皆様におかれましても、このお二人に、限りないご支援をたまわりますようお願いいたします。
 ささやかな祝宴で申訳もございませんが、山海珍味にもまさる、温かい皆様に迎えられましたことを、両人になり代わり、感謝申し上げますとともに時間の許す限り、ごゆるりとご歓談いただきたいと存じます。

     

媒酌人挨拶-2

  媒酌人といたしまして一言挨拶させて頂きます。新郎○○さんと新婦◎◎さんは、本日当会場のチャペルにおきまして、いともおごそかに結婚の式を挙げられましたことを、まず御列席の皆様方に御報告をさせて頂きます。
  次に恒例によりまして、御両人の御略歴を簡単に御紹介させて頂きます。新郎の○○さんは、○○さんと奥様の○○さんの御長男として昭和○○月○月○○日、京都でお生まれになり、その後ずっと関西で教育をお受けになって、最後に京都大学法学部を優秀な御成績にて御卒業、直ちに△△株式会杜に御入社になって、今日に至っております。
  ○○家は、非常に堅実な御家庭で、しかも明朗、闊達、御本人はもとより、御両親御兄弟とも、まことに心身共に健康なすぐれた方がおそろいでございまして、実に理想的な御家系でいらっしゃいます。
  新婦
◎◎さんは、◎◎さんと夫人◎◎さんの御二女として昭和○○年○月○日、やはり京都でお生まれになりましたが、お父さまの御任地をお回りになり、最後に名古屋女子大の英文科をご卒業になりました。頭脳明断の上に、ごらんの通 りお美しく、おしとやかな素晴しい現代女性でございます。お二人は、趣味のサークルで知り合われ、相当長期間交際をされて、お互いよい面 も悪い面も十分に理解されての上の結婚でございますので、私共といたしましては、もう何も心配することはないと確信いたしております。その上、御両家の皆様方のお人格のバランスも非常によくとれておいでになりまして、周りの方々からは全面 的に祝福をされていらっしゃいますので、こんなおめでたいことはございません。
 しかし、結婚生活は長い間つづくものでございますし、よいときばかりではございません。風の日、雨の日、嵐の日がございますように、いろいろな苦しいこと、悲しいこと、悩ましいことなど人生にはつきものでございます。御両人はお二人で強く手をつないで、どんな場合にも労り合い、助けあっていらっしてくださいますよう、お願いいたしたいと思います。

 

媒酌人挨拶-2

  また、御両家の御両親におかれましては、婿とか嫁とかいう従来の呼び名でなく、娘、息子といった考え方、でお付き合い下さいますよう、特に私共からのお願いでございます。◎◎さんは、○○家にとりましては新入社員と同じで、すべての点でわからないことばかりでございます。大先輩であられます御両親、先輩の御兄弟様方、どうぞしぱらくの間は、おおらかなお気持で、ほほえましく見つめてあげて下きいませ。冬の自動車のようにエンジンのかかるまでには、しばらくの時間がかかると思います。その点もよろしく御配慮下さいますようにお願い申し上げます。
 御両人並びに御両家のことにつきましては、私からいろいろ申しあげるよりも、本日脚列席のお親しい御先輩、御友人方から御挨拶を頂戴いたしまして、御両人の御幼少時代や学生時代、現代の御生活のあり方などにつきましては、私共も共に拝聴させて頂きたいと存じておりますので、よろしくお願い申し上げます。御友人の方の間にはお二人から御相談をされた方や、お当てられになって羨ましかった方もございましょう。どうぞ今日はお二人に思う存分おっしゃって下さい。すべてが御当人お二人にとりましては美しく楽しい思い出になることと確信いたします。
  最後に御両人にかわりまして御挨拶させて頂きます。本日は準備万端整えて参りましたが、席次などもお若いお二人の考え方を尊重しておりますので、種々失礼の数々がございますこと、どうぞお許しくださいまして、最後までごゆるりと御談笑下さいますようお願い申し上げます。
 お二人は、今夜は東京泊まりでございますので、時間的にもゆっくり致しております。お開きの後も待合室にお移りいただき、両人から皆様方お一人お一人にお礼を申し上げたいとの希望を持っておりますので、その点もお含みの上、お時間を頂戴いたしたく、よろしくお願い申し上げます。
 以上いろいろとお願いばかり致しましたが、私のご挨拶はこれで終わりにさせていただきます。
 皆様どうも、ありがとうございました。


 
Copyright (C) 2005 Atelier Animato. All rights reserved. コンテンツの無断転載を禁じます。