contents2タイトル
音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート ホームへもどる
音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート メール送信
音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Inquiry 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Sales promotion 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Web construction 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Music promotion 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Link 音楽企画,譜面,販促,ビデオ,吹奏楽指導,印刷,パンフレット,吹奏楽,楽譜,オーケストラ,合唱,作曲,アレンジ,編曲,指揮,DVD,指導法,ホームページ制作,ホームページ作成,HP制作,アトリエ・アニマート Guide on site

   

受取人住所・会社名: 受取人氏名で始まり、下の文章に続きます。
差出人住所・会社名: 氏名で完成です。どうぞご活用ください。

婚約・結婚

婚約報告

 拝啓 すがすがしい初夏の風に吹かれ、心もはずむ季節となりましたが、○○さんにはお元気でしょうか?
 さて、私たちは○○在学中に同じテニス部の仲間として知り合い、○年にわたって交際を続けてまいりましたが、このたび婚約いたしました。これも恩師の○○○○先生ならびに皆様のお励ましのお陰と、心から感謝しております。
 式は来春を予定しております。日取りが決まり次第、あらためて御案内を申し上げますので、御出席いただければ幸いです。
 これからもどうぞよろしくお願いします。

敬具 
  ○○年○月○日
 

婚約祝い

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはお元気にお過ごしのことと思います。
 御婚約おめでとうございます。心から祝福申し上げます。
 ○年越しの御交際がいよいよ実りを迎えたのですね。これもひとえに、お二人の変わらぬ 愛情の勝利ですね。さぞやお二人の御両親もお喜びのことでしょう。
 挙式は来春とか。ぜひとも出席させていただきます。式や新居の御準備に御多忙な日々と思いますが、くれぐれもお体には御自愛ください。なお、心ばかりの品を別 便にてお送りいたしました。晴れやかに佳き日をお迎えになられますようお祈りいたしております。
 末筆ながらますますの御多幸のほどお祈り申し上げます。

敬具 
  ○○年○月○日

 

 

 

婚約祝いの礼状

 拝復 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、皆様にはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 このたびは私たちの婚約に際しまして、お心のこもったお便りとすばらしい贈り物をお送りいただき、本当にありがとうございます。
 クリスタルのワイングラスは見事なカットでとても美しく、思わず感嘆のため息をついてしまいました。新居でこのワイングラスを使って祝杯をあげようと、今から楽しみにしております。
 まずは取り急ぎ婚約祝いのお礼まで。

敬具 
  ○○年○月○日
 

媒酌人の依頼

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはお忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。
 いつもお世話になりましてありがとうございます。
 さて、このたび私は○○○○さんと結婚することになりました。結婚式および披露宴は平成○○年○月○日に執り行う予定です。
 つきましては、**先生御夫妻にぜひ私たちの媒酌人をお引き受けいただきたいと存じます。このようなお願いをするのは、**先生御夫妻のお互いのキャリアを尊重しながら仲睦まじく暮らしておられるお姿が、私たち二人にとって理想の結婚に思えるからです。
 近々、二人で御挨拶に伺いますので、どうぞ私どもの願いをお聞き届けいただきますようよろしくお願い申し上げます。
 末筆ながらますますの御多幸のほどお祈り申し上げます。

敬具 
  ○○年○月○日

 

   

媒酌人の承諾

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 先日は結婚の御報告をありがとうございます。媒酌人の御依頼までいただき、夫婦ともども大変感激しております。私どもでよろしければ、喜んで媒酌の労をとらせていただきたいと存じます。
 諸々の打ち合わせ等もありましょうから、ご都合のよろしいときにお二人で拙宅までお越しください。
 末筆になりましたが、よい御縁があったことをお祝い申し上げます。これから何かとお忙しいでしょうが、どうぞ体にお気をつけてお過ごしください。

敬具 
  ○○年○月○日
 

媒酌人の断り

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはお忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。
 先日は結婚の御報告をありがとうございます。丁寧な御挨拶をいただいたうえ、媒酌人の御依頼までいただき、大変に恐縮しております。
 折角のお申し出をお受けしたいのはやまやまなのですが、実はちょうどその時期に長期の海外出張が決まっており、今回は御辞退いたしたいと存じます。おふたりのご期待に添えず本当に申し訳ありません。
 末筆になりましたが、おふたりにはお体に留意され、晴れやかに結婚式を挙げられますようお祈り申し上げます。 

敬具 
  ○○年○月○日
     

結婚報告

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 日頃は格別のご厚情をいただき、深く感謝いたしております。
 さて、私たちはこのたび○○様御夫妻の御媒酌により、○月○日に結婚しましたので、お知らせいたします。
 これからは、二人で力を合わせて皆様に愛される明るい家庭を築いていきたいと思います。未熟な二人ですので、どうぞ今後とも変わらぬ 御指導のほどよろしくお願い申し上げます。
 なお、新居は下記ですので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

敬具 
  ○○年○月吉日
      ○○○○
        **(旧姓・**)
住所   〒000-0000 京都府○○市○○町○-○-○
電話番号 00-0000-0000
 

結婚式招待

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 日頃は格別のご厚情をいただき、深く感謝いたしております。
 さて、私たちはかねてより交際中でしたが、このたび○○○○様御夫妻の御媒酌により、来る○月○日(○)午後○時より、○○ホテルにて結婚式を挙げることになりました。
 つきましては挙式に引き続きまして、披露かたがた一層の御指導を賜りたく、ささやかながら小宴を催したいと存じます。
 御多用中誠に恐れ入りますが、お繰り合わせのうえ御出席くださいますようお願い申し上げます。

平成○○年○月吉日
 ****
 ●●●●

 なお、お手数ながら準備の都合がございますので、同封のはがきにて○月○日までに出欠をお知らせくださいますようお願い申し上げます。

     

結婚披露宴招待(一般)

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 日頃は格別のご厚情をいただき、深く感謝いたしております。
 さて、このたび○○○○様御夫妻の御媒酌により
**** 長男 ●●
◎◎◎◎ 長女 ☆☆
との婚約が整い、結婚式を挙げる運びとなりました。
 つきましては、幾久しく御懇情を賜りたく御披露かたがた粗餐を差し上げたいと存じます。
 御多用中誠に恐縮ではございますが、御臨席の栄を賜りますよう謹んで御案内申し上げます。

敬具 
                   

 日時 ○月○日(○)   午後○時
 場所 ○○ホテル ○階○○の間 (JR ○○線○○駅下車徒歩○分)

○○年○月吉日
****
◎◎◎◎
 
 なお、お手数ながら御都合のほどを○月○日までに同封のはがきでお知らせくださいますようお願い申し上げます。
 

結婚披露宴招待の返信(返信)

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
○出席
 このたびは御結婚おめでとうございます。また、披露宴にお招きいただきありがとうございます。
 喜んで出席させていただきます。お二人の御結婚を祝し、御多幸をお祈りいたします。

○欠席
 御結婚おめでとうございます。披露宴にお招きいただきありがとうございます。
 大変残念ですが、当日は出張のためどうしても伺うことができず申し訳ありません。
 心よりお二人のお幸せをお祈り申し上げます。

敬具 
  ○○年○月○日
     

結婚祝賀会案内

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 さてこのたび、私たちの共通の友人、○○○○君と****さんが、出会ってから○年の歳月を経て、○月○日、めでたく結婚されることになりました。
 つきましては、友人一同でお二人の結婚を祝う会を下記のとおり催したいと思います。○○君と**さんの幸せな門出をみんなで祝福しようではありませんか!
 なお、お祝いにかえて当日は会費制で行います。御多忙中と思いますが、ぜひ御参加くださいますようお願い申し上げます。

敬具 
  平成17年 5月 1日
                 

 日時     ○月○日 午後○時〜○時
 場所     レストラン○○(地図同封)
 会費     ○○○○円(当日受け付けでいただきます)
平成○年○月○日
二人の結婚を祝う会代表
●●●●
◎◎◎◎
 なお、お手数ですが○月△日までに出欠をお知らせください。当日は平服でお気軽にお越しください。
 

結婚祝い(一般)

 拝復 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはお忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。
 ○○さんからのうれしいお知らせを、ただ今拝見いたしました。
 このたびは結婚おめでとうございます。お二人の晴れの門出を心から祝福申し上げます。
 お相手の方とはスキーサークルのお仲間だったとか。さぞやお似合いのカップルでしょうね。御家族の皆様のお喜びもひとしおのことと思います。
 これからは二人三脚で、すばらしい家庭を築かれますようお祈り申し上げます。
 ささやかですが、別便にてお祝いの品をお送りいたしましので、新居で使っていただければ幸いです。
 末筆ながらますますの御多幸のほどお祈り申し上げます。

敬具 
  ○○年○月○日
     

結婚祝いの礼状

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはお元気にお過ごしのことと思います。
 このたびは私たちの結婚に際しまして、お心のこもった御祝詞ならびにお祝いの品をお送りいただき、本当にありがとうございました。
 とてもすてきな置き時計で、さっそく新居の居間に飾らせていただきました。金細工の装飾が東向きの明るい居間に映え、とても華やかになりました。記念の品としていつまでも大切に眺めさせていただきます。
 新居に落ち着いて○週間、ようやく荷物の整理も済みました。これからが本当の結婚生活のスタートです。皆様からの励ましを忘れずに、二人で頑張っていこうと思っております。
 今後とも変わらず御指導くださいますようお願い申し上げます。
 落ち着きましたら改めて二人で御挨拶に伺いたいと存じます。
 まずは取り急ぎお礼まで。

敬具 
  ○○年○月○日
 

結婚媒酌の礼状

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはお元気にお過ごしのことと思います。
 このたびは私どもの結婚式に際しまして、御多忙にもかかわらず媒酌の労をおとりいただき、本当にありがとうございました。
 お陰さまで無事新婚旅行も終え、新居に落ちつくことができました。このような日を迎えることができましたのも、ひとえに○○様の御尽力のお陰と双方の両親ともども深く感謝いたしております。
 これからは、披露宴で皆様にいただいた教訓を守り、○○様御夫妻をお手本に、温かい家庭を築いて参りたいと存じます。
 今後ともどうか変わらぬお力添えのほど、お願いいたします。

敬具 
  ○○年○月○日
     

結婚通知

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 私たちは、○月○日に○○御夫妻の御媒酌により、結婚いたしました。
 まだまだ未熟な私たちですが、力を合わせて明るく温かい家庭を築いていきたいと思っております。今後とも御指導・御鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
 なお、下記にささやかな新居を構えました。お近くにお越しの節はぜひお立ち寄りください。
 末筆ながら皆様の御健康と御多幸をお祈り申し上げます。

敬具 
  平成17年 5月 1日
               

住所 〒000-0000 京都府○○市○○町○-○-○
交通 ○○線○○駅徒歩○分
電話 00-0000-0000
 

再婚の通知(一般)

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 このたび私たちは、○○○○様の御尽力により○月○日に結婚いたしました。
 お互い子連れ同士の再婚ですので、家族○人でのにぎやかな新生活のスタートとなりました。
 二人ともに心機一転、力を合わせて明るく笑いの絶えない家庭を築きたいと思っております。どうか今後とも変わらぬ お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、新居を下記の住所に構えましたので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

                            敬具 


 住所 〒000-0000 京都府○○市○○町○-○-○
 交通 ○○線○○駅徒歩○分
 電話 00-0000-0000

  ○○年○月○日
     

再婚の通知の返信

 拝啓 すがすがしい風が、青葉若葉を揺らす季節となりましたが、○○さんにはその後お変わりなくお過ごしでしょうか。
 御結婚本当におめでとうございます。御家族5人での再出発を心よりお祝い申し上げます。
 すてきな方と出会われたのですね。きっと幸せになってくださいね。
 これからお二人は、再婚同士ならではの御経験を生かされ、愛情に満ちた温かい家庭を築かれることと信じております。
 近いうちにお祝いに伺いたいと存じます。新しい御家族の皆様にお会いできる日を楽しみにしております。
 末筆ながらますますの御多幸のほどお祈り申し上げます。

敬具 
  ○○年○月○日
   
 
Copyright (C) 2005 Atelier Animato. All rights reserved. コンテンツの無断転載を禁じます。